【金沢】開催レポート

7月27日、コモンズ投信10周年 感謝の集い~わたしたちがこれから創りたい未来~を金沢の商工会議所にて開催し23名のお客さまにご参加いただきました。

前半は渋澤、伊井よりコモンズ起業のきっかけから10年間の振り返りのご報告とともに、お仲間の皆さまへ「感謝」の気持ちをお伝えさせていただきました。後半はご参加の皆さまと、これからの創りたい未来に向けて、各テーマに絞った「未来ワーク」に取り組んでいただきました。


【未来ワークのまとめ】

今回は前回開催の広島からリレーを受取るかたちで、興味あるテーマとしてご参加いただいた皆さまから多く挙がった「健康・教育・働き方」に絞って、五つのテーブル分かれグループワークを行いました。

まず、健康に関しては、デジタル健康機器の発展、その活用や無農薬野菜などの健康食材の接収、ラジオ体操など、将来に備えた毎日の取り組みが健康には非常に重要であるとの意見が多数でていました。面白い意見として、頭脳部分のみ永続(映画の「マトリックス」)が可能となれば、100年とは言わず半永久的に人生をおくることができるのではないか。という意見も。

教育に関しては、経済的理由による機会の不平等・教育格差の改善が求められる点、グローバル化(コミュニケーション)に対応すべく英語教育の充実が挙げられました。また、今でも日本では特に金儲け(金銭欲)は悪との偏見がある中、幼少の段階からお金についてはもっと純粋に学べる機会が必要ではないか。との意見。なお、グローバルを知るうえで、同じ事象(ニュース)に対する世界各国の報道のされかた、内容の違いなど、家庭内でも話し合う機会があれば、世界各国の人たちの考え方とのギャップ理由などをより理解することができ、今よりももっと良化で円滑なコミュニケーションにつながるのではないかとの意見もありました。

働き方では、終身雇用、定年制や年功序列の廃止などは引き続き加速していき、これからは、誰(老若男女)、どこ(自宅・会社)、問わず様々なかたちで働ける社会になるだろう。また、海外並みに生産性の向上が必要(そして早く帰る/フレックスなど)とされるとの意見。なお、小学生がもっと本業(社会)に触れられる機会があれば良いのでは。という意見もありました。


渋澤、伊井からは、健康では第一次産業の大切さや健康経営にあるように身体だけではなく心の健康も同様に大切であること、教育、働き方ではコミュニケーション能力の重要さ、寄付(Me→We)などの4つのお金の話、長続きする4つの幸福の話を共有させていただくとともに、日常の無理のない行動、習慣の積み重ね(つみたて投資のよう)が今日よりもよい明日が拓かれると信じ、コモンズが皆さまのその一助を担えればとお話させていただきました。

帯同した川端より:

グループワークでは、当日のお題にもかかわらず創りたい未来について、積極的にコメントいただき、ありがとうございました。金沢は十数年前に一度訪れたことがありますが、以前と変わらず古き良き時代の歴史ある建造物が残されつつ、新幹線の開通もあり近代的な建物とがうまく融合されていて、環境的にはまさに“創りたい未来”を想わせる町並みで、今度ゆっくりプライベートでおじゃましたいと思っています。


バトンは繋がれ、次回開催は9月15日@仙台です。皆さまにお会いできるのを楽しみにしています!

金沢への帯同は顧客業務部の川端勝でした!コモンズ設立当初より会社の裏方を支えてきた縁の下の力持ち!

感謝の集い/コモンズ投信10周年特設ブログ

「感謝の集い~わたしたちがこれから創りたい未来~」 コモンズ投信取締役会長渋澤・代表取締役社長伊井による、コモンズ投信10周年を記念した対談を行います! このツアーは創業者の二人と社員が各地を巡り、共通&個別のテーマで対話を重ね、 モザイク画のように未来を描いてみようという試みです。